相続の起算日とは

Question

Question_person

相続放棄は「相続の開始を知った時」から3か月以内に行う必要があると聞きました。知った日とは具体的にいつでしょうか。

Answer

Answer_person

「相続の開始があったことを知った時」とは、相続人が相続開始の原因たる事実の発生を知り、かつ、そのために自己が相続人となったことを覚知した時を言います。

 例えば、被相続人A、被相続人の子はBのみ(法定相続人がBのみ)で、仮にAが亡くなった事例ですと、通常、子Bが放棄するのは、子BがAの死亡を知った日から相続放棄の期限をカウントします。

 また、例えば、被相続人A、相続人の子Bのみで、Bが放棄してしまうと、次の相続順位の直系尊属(Aの親のC)に順位が移ります。この場合Cの放棄の申述期間は、たとえCが事前にAが死亡していたことを知っていたとしても、その時には自分が相続人ではなかったので、C自身が子Bが放棄したことを知った時から、Cの申述期間をカウントします。

【関連記事】
期限付き手続き一挙まるわかり! 正しい遺産相続の流れを詳しく解説
相続放棄をするなら知っておきたい注意点や手続きの流れについて

PAGE TOP