お悩み相談室(コラム)

相続税対策

  • 2020年07月07日
    • 相続税対策
    • 二次相続
    二次相続とは? 損をしないために知っておきたい6つの相続税対策

    相続を、「まだもう少し先のこと」と思っていた場合、相続税対策も十分に行っておらず、不動産などは、とりあえず配偶者名義にする遺言書を作成したり、または遺産分割協議をおこなったりするということは少なくありません。
    しかし、被相続人に配偶者がいる場合、被相続人のその配偶者も高齢である場合があります。万が一その配偶者が亡くなると、次の相続人がすぐに二次相続することになります。法定相続人が子どもの場合、子どもには配偶者特別控除のような大きな控除が認められないため、相続税上の不動産評価額が高い場合、多額の相続税が発生することがあります。
    このようなことが起こらないためにも、二次相続対策は欠かせません。そこで、今回は、二次相続で損をしないための相続税対策について解説します。

  • 2020年04月14日
    • 相続税対策
    • 相続税
    • 控除
    相続税は遺産の何%? 控除も含めた相続税の計算方法を解説

    遺産を相続したとき、財産総額が一定以上になっていると相続人は「相続税」を申告・納付しなければなりません。税額が大きくなると手元に残る遺産が減ってしまいますが、相続税は控除などを利用して節税できる可能性があります。
    今回は、相続税の基本的な計算方法と控除の制度を、税理士が解説します。

  • 2018年11月22日
    • 相続税対策
    • 熟年再婚
    • 相続
    円満なセカンドライフは相続対策にあり!? 熟年再婚で知っておきたい相続のこと

    最近は、熟年者の結婚活動が盛んになっており、前のパートナーと別れた後に結婚相談所に登録して、再婚相手を見つけられるケースなども増えているようです。ただし熟年者が再婚する「熟年再婚」の場合、当事者のみならず子どもたちへの「相続」の問題を考えておく必要があります。 婚姻届を提出すると相続関係が大きく変わってトラブルにつながる可能性がありますし、再婚相手に連れ子がいたら、養子縁組をするかどうかも考える必要があるでしょう。 自分が先に亡くなった場合、再婚相手が先に亡くなった場合、それぞれの相続関係を理解しておきましょう。 今回は、熟年再婚するときに押さえておくべき相続の知識を、弁護士が解説します。

  • 2018年09月04日
    • 相続税対策
    • 相続税
    • 対策
    相続税対策。これだけは押さえておきたい3つの方法

    昨今の高齢化時代において、相続税対策が社会の関心を集めています。相続税は、なるべく支払いたくないし、発生するとしても低額に抑えたいと考える方も多いでしょう。節税対策は、正しい方法で計画的に行うと大きな効果が期待できます。この記事では生前贈与や不動産、生命保険の活用といった代表的な相続税対策方法と、それぞれの注意点について解説いたします。

閉じる
PAGE TOP