お悩み相談室(コラム)

遺産分割協議

  • 2019年07月29日
    • 遺産分割協議
    • 遺産隠し
    • 相続
    • 調査
    • 対処
    兄が遺産隠しをしている!? 相続財産を隠された場合の調査方法や対処法

    兄などの相続人が「遺産隠し」をしていることが疑われる場合、隠された財産を調査したり、発見する方法はあるのでしょうか。また遺産分割協議が終わった後に特定の相続人による財産隠しが発覚した場合に遺産分割協議のやり直しができるのでしょうか。 弁護士が解説します。

  • 2019年06月05日
    • 遺産分割協議
    • 遺産
    • 相続
    • 長男
    • 独り占め
    遺産はすべて長男が独り占め。そんな主張は通用するのか? 相続問題を弁護士が解説

    父親が亡くなると「母の面倒は僕が全部みるから」などと言い出して、実家の不動産や現金・預金などのすべての遺産を長男が独り占めにしようとするケースがあります。このように特定の相続人が遺産を独占する主張は法的に通用するのでしょうか?
    今回は、長男がすべての遺産を独り占めしようとするとき、将来的に想定されるリスクや注意点、対処方法などを弁護士が解説します。

  • 2019年02月12日
    • 遺産分割協議
    • 遺産分割
    • 特別受益
    • 生活費
    兄への多額の生活費援助に納得できない! 特別受益を主張し、遺産分割をやり直せるか?

    親の相続が起こったとき、兄弟姉妹の間で「特別受益」や「寄与分」などを巡って遺産相続トラブルが発生するケースは少なくありません。たとえば兄が大学への入学資金や生活費の援助として多額の現金をもらっていた場合「特別受益」として考慮されないのでしょうか? もし考慮できるなら兄の遺産取得分をどの程度減額されるのか、またどのようにして特別受益を主張すればいいのでしょうか。 今回は他の相続人の特別受益を主張して遺産を公平に相続する方法について、弁護士が解説します。

  • 2019年01月10日
    • 遺産分割協議
    • 遺産分割
    • 遺産分け
    円満な遺産分割の進め方と遺産分けでトラブルにならないための5ヶ条

    相続したら「遺産分割」をしなければなりません。遺産分割とは、被相続人が死亡時に有していた財産に関して、個々の財産の権利者を確定させることです。 ただ、遺産分割では相続人間でトラブルも発生しやすいので注意が必要です。 このコラムでは、誰がどのような方法で遺産分割を行うのか、対象となる相続財産は何なのか、相続手続を進めるにあたってどういった点に注意しておけば良いのかなど、弁護士が解説します。

  • 2018年11月08日
    • 遺産分割協議
    • 遺産分割
    • トラブル
    • 協議書
    • 遺産分割調停
    遺産相続のトラブルを解決する!遺産分割調停で有利に遺産分割協議書を成立させる方法

    相続人間での遺産分割協議がまとまらなかった場合、家庭裁判所で遺産分割調停を行います。本コラムでは、手続きの方法や、申立てから出頭までどれくらいの期間がかかるのか、遺産分割調停を有利に進めるためにはどのようにすればいいのか、といった点を弁護士が解説します。

  • 2018年10月16日
    • 遺産分割協議
    • 遺産分割
    • 調停
    • 審判
    このままでは遺産分割審判に! 相続で弁護士に委任する最適なタイミングとは!?

    遺産相続するときには相続人が「遺産分割協議」を行って方法を決定します。しかし、相続人間の意見が合わずに協議ができない場合には、「遺産分割調停」や「遺産分割審判」によって決着をはかるしかありません。 遺産分割調停と審判は何が違うのか、弁護士に依頼するならどのタイミングが最適か、弁護士費用はどのくらい必要なのでしょうか? 本コラムでは、遺産分割審判について必要な知識を弁護士が紹介していきます。

  • 2018年08月13日
    • 遺産分割協議
    • 相続人調査
    • 相続人
    • 戸籍
    相続人を調査する前に知っておきたい、戸籍の収集方法や戸籍の読み方

    遺産相続が起こったら、まずは「相続人調査」を行い、誰が相続人となるのかを確定しなければなりません。遺産分割協議を進めるときには、法定相続人が全員参加する必要があるためです。
    相続人調査では、被相続人(亡くなった方)の生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本などを集めないといけないので、大変労力のかかる作業となります。
    今回は、相続人調査を進める方法やその際集めるべき戸籍の種類などについて、弁護士が解説します。

  • 2018年06月15日
    • 遺産分割協議
    • 相続
    • 遺産分割
    • 方法
    遺産分割のための3つの手続きと4つの分割方法

    相続が発生したとき、遺産を相続する人が1人ではない場合、被相続人の遺産は相続人達の共有状態になります。
    遺言書が残されていた場合には基本的にはそれに沿って分けられることになりますが、遺言書がなかった場合や、相続人の数が多い場合、遺産が多く残されていた場合等には、「誰が、何を、どのように相続するのか」という遺産分割の方法について決めなければなりません。
    具体的にどのような手続きがあるのか、手続きを進める上での留意点などをご紹介いたしますので、相続の際には参考にしていただければ幸いです。

閉じる
PAGE TOP