お悩み相談室(コラム)

遺留分減殺請求

  • 2019年04月26日
    • 遺留分減殺請求
    • 遺産相続
    • 遺産分割
    • 遺留分減殺請求
    遺留分減殺請求とは? 方法や時効、法改正のポイントなど弁護士がわかりやすく解説

    兄弟姉妹が親の遺産を相続した場合などには、遺言書によって兄や姉等の特定の一部の相続人に遺産の大部分が残されるケースが多々あります。そのようなときには「遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)」によって、遺産の一部を取り戻せる可能性があります。 実は遺留分減殺請求の取り扱いは2019年における相続法改正によって変更されます。 今回は遺留分減殺請求の方法や時効、法改正で何がどのように変わるのかなど、弁護士が分かりやすく解説します。

  • 2018年12月13日
    • 遺留分減殺請求
    • 生前贈与
    • 遺留分
    • 侵害
    • 遺留分減殺請求
    知らぬ間に長女だけ高額な生前贈与が発覚! 遺留分を侵害された場合の対処法

    自分が知らない間に父は長女にだけ多額の現金を生前贈与していたことが判明。そして、財産として残っているのは田舎の自宅だけ……。 そうした場合は遺留分を侵害されたとして、遺留分減殺請求という方法を採ることができます。 弁護士が詳しく解説していきます。

  • 2018年10月09日
    • 遺留分減殺請求
    • 遺言
    • 納得できない
    • 遺留分
    • 遺留分減殺請求
    父の遺言に納得できない!遺留分を請求する方法や請求期限について

    父親が亡くなったときに不動産などの遺産があっても、父親の遺言によって、自分がもらえる遺産がとても少なくされていたり、遺産を相続できなくなっていたりしたら、到底納得できない方もいることでしょう。 そうした場合には、「遺留分減殺請求」によって、最低限の遺留分を取り戻すことができます。ただし、遺留分減殺請求権には、請求期限があるので注意が必要です。 今回は、遺留分減殺請求の方法や請求期限について、弁護士が解説します。

  • 2018年06月12日
    • 遺留分減殺請求
    • 相続
    • 遺留分
    • 遺留分減殺請求
    遺留分減殺請求で相続財産を取り戻す手引きと請求された場合の対処法

    遺留分とは、一定の相続人のために、相続に際して、法律上取得することを保障されている相続財産の一定の割合のことで、被相続人(亡くなった方)の生前の贈与又は遺贈によっても奪われることのないもののことをいいます。
    家族のひとりが親の遺産を独り占めするなどして困っているとお悩みの方は、弁護士までご相談ください。
    このような場合、遺留分を侵害された者が、贈与又は遺贈を受けた者に対し、遺留分侵害の限度で贈与又は遺贈された物件の返還を請求できる可能性があります。

閉じる
PAGE TOP