無料通話
初回60分無料! ご相談はこちら
0120-666-694
平日9:30〜21:00/土日祝9:30〜18:00

特定の子どもに有利な相続を進めることはできますか

Question

Question_person

体が悪くなってからは、近所に住む次男夫婦に世話になってばかりです。感謝の意味でも、次男に多く遺産を遺したいと思うのですが、可能でしょうか。

Answer

Answer_person

相続財産を世話になった子どもに対し多めに承継させる方法として、遺言書に財産の分け方を記載することで可能になります。

この際、後々のトラブルを避けるためにも、他の相続人の「遺留分」を侵害しない範囲で相続財産の分割割合を決めることが重要です。
加えて、世話になった子ども以外に対しても、感謝の気持ちや遺言を書いた思い・経緯などを付言事項として書き残すことで、より円滑な相続が実現できることもあるでしょう。

【関連記事】
特定の個人に財産を「相続させる」遺言書作成の注意点は?
エンディングノートと遺言書の違いを理解して、納得できる終活を進めていく
孫に遺産を相続させたい! トラブルを回避して円満に財産を受け渡す方法とは?

PAGE TOP