認知症と診断された人の遺言の効力は?

Question

Question_person

初期の認知症と診断されている父親が遺言書の作成を希望しています。後々その有効性について争いにならないか心配です。

Answer

Answer_person

認知症の疑いがある状態で作成された遺言書は、裁判などで争いになった場合に、その遺言能力がどの程度あったかのかが重要になります。遺言能力とは、単独で有効に遺言できる資格とされ、特に、自身の作成する遺言の内容を理解できる程度の能力が必要となるでしょう。

認知症と診断されても遺言書が即無効ではなく、個人の症状、その段階に応じて判断されます。認知症が疑われる場合には、医師に診察を仰ぎ、遺言書作成時点の遺言能力について客観的に証明できる診断書を作成してもらいましょう。
診断書をもとに、「公正証書遺言」を作成すれば、無効とされる確率は低くなりますが、その内容や判断については、弁護士への相談をおすすめします。

【関連記事】
遺言とは?
子どもから親にすすめる遺言作成

PAGE TOP