家を共有名義で相続する場合に想定されるリスクは?

Question

Question_person

思い出のある家をすぐに売却することは考えられず、まずは共有名義で相続しようという話が出ています。不動産を共有名義で相続した場合、どのようなリスクが生じますか?

Answer

Answer_person

不動産の共有名義での相続は、さまざまな問題が発生する可能性があります。
たとえば、共同相続人の1人が亡くなった場合、さらに共同相続人の細分化が進みます。利害関係者が増えたことにより、その不動産の売却などを検討した際に協議がまとまらず事態が複雑化するというリスクが考えられます。

また、共有している不動産に対しては、共有者から、いつでも共有物分割請求ができます。1人でも共有物分割を申し立てたら、共有関係はその時点で終了するしかありません。
共同名義の不動産は、売却を前提とした「換価分割」を検討するなど、早いうちに解消することをおすすめします。

【関連記事】土地や不動産を兄弟で分割する方法とは? 遺産分割協議の注意点を解説

PAGE TOP