お悩み相談室(コラム)

「株式投資好きの父が亡くなった」上場株式を相続する際に知っておきたいこと

2019年12月17日
  • 遺産を受け取る方
  • 株式
  • 相続

「株式投資好きの父が亡くなった」上場株式を相続する際に知っておきたいこと

投資好きの父親(母親)が亡くなった場合、多種多様な株式が遺産として残されている可能性があります。相続財産に株式が含まれている場合、どのように相続手続きを進めていけばよいのでしょうか?

本コラムでは上場株式の相続について、証券会社への問い合わせ方法をはじめ、株式評価額の評価方法や遺産分割の進め方などを弁護士が解説していきます。

1、口座のある証券会社がわかる場合、わからない場合の対応方法

  1. (1)株式は「上場株式」が多い?

    株式を相続したときには、その株式が東京証券取引所などの株式市場で売買されている「上場株式」なのか、親族の会社の株式のように株式市場での売買を予定されてない「非上場株式」なのかによって、とるべき対応が異なります。

    父親(母親)が、「株をやっている」などと話している場合は、その「株」とは上場株式であるのが通常です。上場株式は、証券会社などで口座を開設すれば気軽に売買できるので、資金さえあれば容易に保有できるからです。

    一方で非上場株式とは、証券取引所には公開されておらず、一般に流通していない株式です。非上場株式が問題になるのは、父親(母親)が会社を経営している場合や、親族や知人の会社に出資している場合などです。
    非上場株式は、「○○の会社に出資している」といった言い方をするのが通常で「株をやっている」といった表現を通常は使いません。「株をやっている」と言っていた父親(母親)の相続事案であれば、相続財産は上場株式と考えてまず間違いないでしょう。

  2. (2)証券会社が判明しているかどうかで対処方法が異なる

    上場株式の相続の際には、株式を預けている証券会社が判明しているか判明していないかで対応が異なります。以下ではそれぞれに分けて、対処方法をみていきましょう。

    ●証券会社が判明している場合
    自宅に証券会社からの通知書や粗品などを見つけて問い合わせるなどして、証券会社が判明している場合、株式の遺産相続手続きは、以下のようにして進めます。

    ①証券会社に連絡を入れる
    まずは株式を預けている証券会社へ連絡をして、名義人である被相続人が死亡したことを知らせます。そして、相続人に名義変更したい希望も伝えます。

    ②必要書類を揃える
    相続人が株式の相続手続きを行うための必要書類を揃えます。多くの証券会社では戸籍謄本、住民票や本人確認書類、遺産分割協議書、遺言書等が必要となるでしょう。また、口座振替の申請書などを書かなければなりません。証券会社によって書式が異なるので、送ってもらいましょう。

    ③相続人の証券口座を用意する
    株式を相続するときには、被相続人名義から相続人名義に書き換えた株式を相続人の証券口座に振り替えてもらう必要があります。預金と違い、有価証券の場合には「口座そのものの名義変更」ができないので、必ず「相続人名義の証券口座」が必要です。今証券口座をお持ちの方はその口座を使ってもかまいませんが、口座のない方の場合には新規で開設する必要があります。新規口座を開設する場合には、本人確認書類やマイナンバーカードの写し、その他証券口座開設のための申込書などの準備が必要です。

    ④相続人の口座へ被相続人の株式を振り替えてもらう
    相続人名義名着の口座と必要書類が揃ったら、証券会社に申請書を提出しましょう。すると、被相続人名義の株式を相続人名義に変更した上で相続人名義の証券口座へと振り替えてもらえます。その後は株式が相続人名義となるので、株主宛の通知などもすべて相続人宛に届くようになり、配当金も受け取ることができます。

    ●証券会社がわからない場合
    株式を預けている証券会社がわからない場合には「証券保管振替機構」に問い合わせると、どこの証券会社と取引があるのか開示してもらえます。証券保管振替機構とは、証券を預かって管理している機関です。開示請求書に必要事項を記入して、必要書類とともに郵送すれば、取引情報が記載された資料を郵送してもらえます。

    情報開示請求の際には、最低限以下の書類が必要です。

    • 開示請求書
    • 法定相続人の本人確認書類
    • 相続人の戸籍謄本 ※1
    • 被相続人の戸籍謄本等(原則として被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本類が必要ですが、省略できるケースもありますので、証券保管振替機構に確認しましょう)※1
    • 被相続人の住所がわかる資料


    ※1 事前に法務局を通じて法定相続情報一覧図にかえることができます。

2、上場株式の価値〜相続税評価額〜

株式を相続したときには、その株式にどの程度の価値があるのかは重要な問題になります。
法定相続人が相続分に従って遺産分割協議を進める際、株式の価値がわからなければ各自の相続分を計算することはできません。
また相続税についても検討しければなりません。
そこで、相続の際に使われる株式の価値の一つである相続税評価額の評価方法をご説明します。

  1. (1)基本的な上場株式の相続税評価額

    上場企業の株式の場合、評価方法としては以下の4つの価額のうち「もっとも低い金額」を採用できます。

    1. ①相続があった日の終値
    2. ②相続があった月の終値の平均額
    3. ③相続があった月の前月の終値の平均額
    4. ④相続があった月の前々月の終値の平均額


    被相続人が死亡した日が土日祝日の場合、証券取引所は休みである為、取引の金額を求めることができません。そこで、相続発生日にもっとも近い日における終値を相続発生日の終値として計算します。
    たとえば、土曜日に死亡したら、前日の金曜日の価格を基準に評価します。死亡日が連休の中日のケースでは、連休前の終値と連休後の終値の平均額を相続発生日の終値として評価します。

    株式の銘柄が複数ある場合には、それぞれについて「もっとも低い金額」を選べます。

    相続税は遺産の相続税評価額に応じて金額を算定されるため、相続財産の評価額が低ければ低いほど税額が低くなります。節税をするためにも、どのようなルールなのかは知っておくと良いでしょう。

  2. (2)上場株式評価の具体例

    被相続人が亡くなった日が仮に9月20日であって2,000株の資産が残されており、株価が以下のとおりであった場合を例に取り上げます。

    1. ①9月20日の最終価格…3,000円
    2. ②9月の終値の平均額…3,200円
    3. ③8月の終値の平均額…3,500円
    4. ④7月の最終価格の平均額…2,800円


    ①〜④までのうち、最も低い価格は④の2,800円です。そこで2,800円×2,000株=560万円をこの株式の相続税評価額とすることで節税ができます。

  3. (3)株式の終値や平均額の調べ方

    上場株式の場合、株式の終値や平均額はインターネットで検索するとすぐにわかります。
    たとえば「Yahoo!ファイナンス」にアクセスすると、銘柄を指定して無料で終値を確認できます。また、日本取引所グループのサイトでも、月間の最終価格等を調べられます。

    他にも、証券会社に依頼して残高等の証明書を発行してもらうこともできます。上記の4種類の残高、評価額についての確認書類の発行を受ければ、それぞれ数値を比較して、どれが1番低額になるかを確認できるでしょう。

3、株式の遺産分割方法や注意点

  1. (1)株式の遺産分割方法

    父親(母親)名義の株式を相続するとき、相続人が1人であればその相続人がそのまま株式を相続するだけです。しかし、相続人が複数いる場合は「遺産分割」をしなければなりません。
    株式の遺産分割方法には、以下の3種類があります。

    ①株式を誰かがそのまま受け継ぐ(現物分割)
    1つ目は、ある相続人が株式をそのまま相続する方法です。たとえば子どもが3人いる場合、次男が株式を相続して次男へ名義変更します。3種類の株式があれば、1つを長男、もう1つを次男、3つ目を三男などにすることも可能です。1,500株あれば、1人500株ずつに分ける方法などもあります。このように、株式の形を変えず代償金などの方策も採らずにそのまま分ける方法を「現物分割」と言います。

    ②株式を売却して、代金を相続人で分配する(換価分割)
    2つ目は、株式を売却して売却代金を相続人間で分配する方法です。誰も投資や株式の所有に関心がない場合にお勧めです。
    売却代金は、話し合いによって分配することもできますが、一般的には法定相続分に従って分配します。たとえば、子3人のみが相続人になっていて株式が1,500万円で売れたのであれば、1人500万円ずつの売却金を受け取ります。

    ③1人の相続人が株式を相続し、代償金を他の相続人が受け取る(代償分割)
    3つ目は、株式を1人の相続人が相続し、他の相続人には「代償金」を支払う方法です。株式を取得する相続人は、他の相続人の「法定相続分」に応じて代償金を支払います。
    たとえば子どもが3人いて1,500万円分の株式が残されている場合、長男が株式を全部取得するなら他の兄弟にそれぞれ500万円ずつの現金を支払います。

  2. (2)株式の遺産分割における注意点

    株式を遺産分割の対象とする場合、以下のような点に注意が必要です。

    ●株式が下がったタイミングで売却すると、損になる
    上場株式の評価額は、日々変動します。土地などの不動産も価格変動はありますが、株式はさらに極端な値動きを見せるケースが多々あります。相場を調べないで安易に売却すると、下がったタイミングで売却することによって損をしてしまう可能性があります。
    株式を売って代金を分ける場合には、焦らずできるだけ高くなったタイミングを狙って売却しましょう。

    ●代償金計算が不公平にならないようにする必要がある
    誰か1人が株式を取得し、他の相続人に代償金を払う「代償分割」の場合にも、株式の評価額との関係で問題が発生します。株式が下がったタイミングで評価すると他の相続人の代償金が低くなって不満が噴出しますし、株式が上がったタイミングで評価すると代償金が高額になって今度は株式を取得する相続人が不満を感じるからです。
    代償金計算の際にも、株式の評価が不公平にならないよう配慮する必要があります。

    ●準確定申告が必要
    被相続人が株式取引をしていた場合、本来なら本人が確定申告すべきであったケースがあります。しかし本人は死亡しているので、自分で確定申告できません。この場合、相続人が被相続人に代わって「準確定申告」をしなければならない可能性があります。準確定申告には「相続開始後4ヶ月以内」という期限があるので、早めに手続きしましょう。

    ●相続人が相続放棄した場合
    相続人の一人が相続放棄をすると、その相続人ははじめから相続人ではなかったことになります。その相続人を除く他の相続人は遺産分割協議を行い、株式についての相続方法を決定することになります。

  3. (3)株の相続手続きをせず放置したらどうなる?

    株式の相続手続きが完了しない間は、株式は相続人全員の「準共有」状態となります。準共有の状態で議決権などの株主権を行使するには相続人のうち1人を「権利行使者」として定め、株式発行会社へ通知する必要があります。配当金は受け取るたびに相続人間で分配するなどしなければなりません。
    準共有状態は不安定であり、手間も余計にかかってしまうので、早めに相続手続きを進めることをお勧めします。

4、まとめ

多種多様な上場株式を相続すると、相続財産調査の手続きも大変ですし、評価や相続税の計算も相続人にとって負担になります。ベリーベストグループには税理士も在籍していますので、弁護士と税理士が連携してワンストップで株式の遺産相続に対応可能です。投資家の父母がお亡くなりになって相続に迷われた際には、ぜひとも一度ご相談ください。

同じカテゴリのコラム(遺産を受け取る方)

  • 2020年01月21日
    • 遺産を受け取る方
    • 相続
    • もめる
    • トラブル
    もめる遺産相続、原因と弁護士に相談するメリットを解説

    平成30年、全国の家庭裁判所では遺産の分割に関する処分などを求める調停、いわゆる遺産分割調停が1万3739件受理されています。これは基本的に遺産相続をめぐるトラブルの件数と考えてよいでしょう。
    被相続人が亡くなったことの悲しみが癒えないなか、その遺産をめぐって家族や親族ともめることなど、誰もが避けたいところです。特にさまざま事情で遺産を法定相続割合で平等に分けることが難しい場合の遺産分割協議(遺産を誰が・何を・どの割合で相続するか相続人どうしで話し合って決めること)は、仲のよい関係にある人ほどもめることもあります。それがきっかけで、もっとも大事な家族や親族との関係が失われてしまうこともあります。
    そこで本コラムでは、遺産をめぐり家族や親族ともめることになってしまった場合、もめる原因は何が考えられるのか、そして解決するための最善の方法について、相続問題を取り扱っているベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。

  • 2019年12月17日
    • 遺産を受け取る方
    • 株式
    • 相続
    「株式投資好きの父が亡くなった」上場株式を相続する際に知っておきたいこと

    投資好きの父親(母親)が亡くなった場合、多種多様な株式が遺産として残されている可能性があります。相続財産に株式が含まれている場合、どのように相続手続きを進めていけばよいのでしょうか?
    本コラムでは上場株式の相続について、証券会社への問い合わせ方法をはじめ、株式評価額の評価方法や遺産分割の進め方などを弁護士が解説していきます。

  • 2019年12月10日
    • 遺産を受け取る方
    • 土地
    • 相続
    土地を相続するとどうなる? 管理責任や問題になりうることを解説

    数多くの相続事例を振り返りますと、土地などの不動産が相続財産評価額に占める割合は高い傾向があります。
    土地は現預金や有価証券などの金融資産と異なり個別性が強く、土地の種類や相続人の状況に応じて相続手続きに時間がかかりやすい資産です。また、土地を相続したあとは固定資産税や管理責任が発生するため、場合によってはコストだけかかる「負動産」を抱え込むリスクもあります。
    したがって、土地を相続するときは相続後の利用方法をどうするか、そもそも相続するべきか、さまざまな検討が必要になってきます。
    そこで、相続財産に土地が含まれている方が今後のために知っておくべきポイントについて、ベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。

閉じる
PAGE TOP