預金封鎖で困惑!

Question

Question_person

夫が亡くなったので、葬儀の費用を支払うために、夫の預金を引き出そうとしたところ、銀行からは、遺産分割協議書か相続人全員の同意書がないと預金の引き出しには応じられないと言われました。 私たちには子はなく、夫の兄弟は皆亡くなっていますが、夫の甥や姪が相続人になるとのことです。 しかし、夫の甥姪とは長い間連絡をとっておらず、どこに住んでいるのかもわからず困惑しています

Answer

Answer_person

銀行実務では遺産分割協議書か相続人全員の同意書がないと預金の引き出しはできない運用となっています。ただし、平成30年の相続法の改正により、預金の一部であれば、遺産分割協議の前でも払い戻しを受けられることになりました。今後は、その範囲で払い戻しを受けて、葬儀費用の支払をすることができます。
払い戻しができる範囲は、預金の3分の1にあなたの法定相続分の割合をかけた金額(ただし、1つの金融機関につき上限150万円)であり、払い戻しを受けた部分は、遺産分割協議を経ずに、あなたが相続したものとして扱われます。

また、夫が公正証書遺言をこの越してくれていれば、遺言執行者であれば預金全額の払い戻しが可能です。なお、自筆証書遺言では、預金の引き出しに応じない銀行がほとんどです。

ベリーベスト法律事務所では、公正証書遺言の作成も承っております。

【関連記事】
預貯金の仮払い制度とは? 口座名義人が亡くなっても最大150万円まで引き出しが可能!
公正証書遺言作成の流れについて詳しく知りたい

閉じる
PAGE TOP